干し竹の子
30g
¥730


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



干し竹の子を使った肉みそ












干し竹の子  7、8枚 豚ひき肉  300グラム
長ネギ  15センチ にんにく  ひとかけ
しょうが  ひとかけ しょうゆ  大さじ2
紹興酒  大さじ2豆板醤  小さじ1




  • 干し竹の子はやわらかくなるまで水に浸けてもどし、みじん切りにする。

  • 長ネギ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。

  • 中華鍋に油を熱し、にんにくと生姜を入れて炒める。

    いい香りがしてきたら長ねぎを入れ炒め、豚ひき肉と1を入れてよく炒める。

  • 3に、しょうゆと紹興酒、豆板醤を入れて煮詰める。




水煮より断然コクのある味わい。
肉みそなどの炒め物や、春巻きの具に入れたりととても重宝します。 −伊藤まさこ−
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



そのまま食べるにはちょっと、育ち過ぎです。

干し竹の子知ってますか?

未知の海底生物の骨のように見えますが、竹の子を乾燥させた保存食です。戻して煮物や中華に使えます。

戻すのに少し時間がかかりますが、常備しておくと便利な一品です。
最初、腰が引けてた伊藤さんもいまではその食感がお気に入りです。



詳しい栽培方法はここをクリックしてください。

栽培管理記録がご覧になれます。
今年度版を準備中です。しばらくお待ちください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



皮を剥いでこんな感じに切ります。

1メートルくらい、にょっきりと伸びたタケノコを収穫して皮を剥ぎます。

きれいに切りそろえて、(産地によって切り方が違うようです。)茹でます。

乾燥器にかけた後、四万十お得意の天日で1〜2日干して出来上がり。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



干す前に茹でます。

四万十ノ干し竹の子は生産者の方の裏山に自生している
竹の子で作っています。

農薬の散布、肥料の使用は行っていません。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



この竹林でできた、干し竹の子をお届します。



宅配便  540円〜 配送日時の指定ができます。

指定のない場合はご入金後5日以内の最も早い便でお届けします。



発送時にメールでご連絡差し上げます。


1回のご注文額5000円以上で送料が無料になります。



賞味期限:加工日より1年
販売価格 : 730円
購入数 :