四万十ノタヨリ 毎年恒例の火振り漁スタート!

毎年四万十川で育った天然の鮎を古くから続く伝統的な漁法で取る火振り漁が今年もはじまりました。

火振り漁は日没後、川に網を仕掛け、船の上で松明を振り鮎を網に追い込む豪快な漁法です。
一隻の船に乗る漁師の人数、松明の数などに決まりがあり連綿と伝統が守られています。

かかった鮎を網から丁寧にはずしていきます。

穫れたばかりの鮎。今年は豊漁のようです!
写真の鮎は分けて頂いたので小ぶりのものになりますが、大きいものも大漁に穫れました!

メルマガ会員募集

最新情報をチェックしよう!
>四万十のいいもの。好きなときにおかいもの。

四万十のいいもの。好きなときにおかいもの。

四万十の魅力たっぷり。 生産者のみなさんとともに、ひとつずつ作り上げました。無農薬の生姜を使ったジンジャーシロップや四万十川の水と、四万十町のお米でできた純米大吟醸など。この土地の力が伝わるこだわりのアイテムを取り揃えています。

CTR IMG