四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

四万十町に残る昔ながらの酒蔵で四万十ノ純米大吟醸の仕込みを取材

高知県は四万十町に残る数少ない酒蔵「文本酒造」
そのこだわりは日本最後の清流四万十川の伏流水と杜氏自らが育て上げた酒米を使って仕込む純米大吟醸。
そして発酵が終わった日本酒を絞り出すのは昔ながらの槽搾り。現在主流の効率を求めた機械絞りでは出せない風味豊かで雑味のないフルーティさが際立つ。

四万十町に残る数少ない酒蔵「文本酒造」

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

実は米どころの四万十町では昔から米作りが盛んだったらしい。

いまやコンクールにも入賞するほどになった仁井田米の産地でもある四万十町でも窪川地区は台地部となっているため、割と広めの田んぼが国道沿いに見受けられる。

そんな四万十町の中でも旧窪川町では唯一残っている酒蔵が「文本酒造」。

四万十ノの純米大吟醸の製造をお願いしている昔ながらの酒蔵です。

めっきり秋も近づいた今日この頃、朝晩の冷えもぐっと強くなってきたらお酒の仕込みの季節。

ちょうどタイミングがあったので、四万十ノの純米大吟醸の仕込みにお邪魔しました。

 

酒蔵の風景

歴史を感じさせる佇まいの文本酒造。

しかし古めかしい感じではあるが、とても手入れの行き届いている蔵の中を見せていただくと日本酒を仕込むのに最適な環境を保つために心血を注いでいることが感じられる。

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

仕込み用のタンクがそこかしこに並ぶ。

一部使われていないタンクもあるとのことだが、それはかつて大量生産の方式で日本酒を作っていた時の名残。

今は質にこだわった日本酒造りをしているので、自分たちでコントロールできるだけのタンクでしか仕込みをしていない。

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

土壁と木でできた酒蔵は、今どきの工業化とかシステマイズとは一線を画す。

きっと昔ながらのこの酒蔵の佇まいがお酒造りにちょうどいい、数値には表せない最適な空間を作り出すのだろう。

 

四万十町の酒蔵にある蒸し蓋

 

美しい職人の手

職人さんたちの作業風景は阿吽の呼吸で、素人にはわからないやりとりがあり、せわしなくも丁寧な空間。

写真で切り取った職人の手はかっこよくてどこかセクシーでした。

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

今回の取材で一番のお気に入り写真かもしれない。

手前に映る左手がかっこええと思いました。

 

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

蒸し上がったお米を撹拌機に移すところ。

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

ここに

 

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

蒸し上がったお米を投入

 

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

どさどさっと

湯気とお米のいい香りが辺りに立ち込めます。

 

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

撹拌機で少しほぐされた酒米はコンベアで少しずつ運ばれてきます。

 

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

この手前から空気の力でホース伝いに一気にタンクへと送られていく

 

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

ここで職人さんがほぐすほぐす

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

ひたすらほぐす

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

大きな塊がタンクにおくられないよう酒米をとにかくほぐす

 

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

 

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

このホースを伝ってほぐされた酒米はお酒のタンクへ

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

そしてタンクへ送られた酒米は既に発酵を開始していた酒母や水と混ぜあわされる

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

酒米が投入されたばかりの時はまだお米の形がわかる状態

 

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

仕込まれたから数日のタンクも特別に見せてもらいました。

菌の活発な働きで表面に炭酸ガスがいっぱい。

タンクに顔を突っ込みすぎると二酸化炭素がたまっているので、酸欠になってくらっと来ることがあるらしい。

 

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み

さらに数日経過したもの。

泡もだいぶ落ち着いた様子。ここまでくれば、搾るまであと数日。

 

毎年出来上がりが楽しみな純米大吟醸

毎年出来上がってきた四万十ノの純米大吟醸を飲み比べているとかすかな違いが見えてくる。

年末が近づいてくると
「今年はどんな味に仕上がるかなぁ」
という話が四万十ノの社内でよくあがる。

 

四万十ノ純米大吟醸

数量が大変限られているけど、その味は間違いない。

四万十ノ純米大吟醸はコチラから!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ会員募集

四万十町の酒蔵で純米大吟醸の仕込み
最新情報をチェックしよう!
>四万十のいいもの。好きなときにおかいもの。

四万十のいいもの。好きなときにおかいもの。

四万十の魅力たっぷり。 生産者のみなさんとともに、ひとつずつ作り上げました。無農薬の生姜を使ったジンジャーシロップや四万十川の水と、四万十町のお米でできた純米大吟醸など。この土地の力が伝わるこだわりのアイテムを取り揃えています。

CTR IMG