• 2014-10-12
  • 2019-08-15

橋本幹造さんの「男鍋」 銀座松屋で大盛況!!

10月12日(日)銀座松屋B2 キッチンステージで13:00~、15:00~、17:00~ の3回 二つ星料理人 橋本幹造さんの「男鍋」四万十ノ韮と土佐あかうしの茗荷鍋を橋本さん自らお鍋を作っていただきながらお客様に試食をしていただきました。 橋本さ […]

  • 2014-09-26
  • 2019-08-28

四万十ノタヨリ 四万十ノ食第三弾「橋本幹造さんの男鍋」発売開始です!

少しずつ秋の空気を感じるようになってきた今日この頃ですが、これから冬に向けてピッタリの商品が本日より販売開始致しました。 四万十ノ食シリーズ第三弾は、「橋本幹造さんの男鍋」です! 「男鍋」はNHKあさイチの3シェフNEOとしてもおなじみのミシュラン2 […]

  • 2014-09-24
  • 2019-08-28

四万十ノタヨリ その場でないと味わえない旬の味

毎年8月下旬~9月下旬の間、須崎港の夏の味覚として親しまれてきた「メジカ」。 高知県中西部では昔からソウダガツオの事を「メジカ」といいます。 「メジカ」は他の魚と比べて、鮮度が落ちやすく足のはやい魚の為、一般の市場には出回りません。 須崎市や中土佐町 […]

  • 2014-09-17
  • 2019-08-28

四万十ノタヨリ 今日はどの部位?イモ豚が味わえるお店

都内皇居のすぐ傍の半蔵門駅前に位置する麹町カフェさん 連日ランチタイムからディナータイムまで賑わいをみせる落ち着いた空間のオーガニックカフェ/ダイニングバー。 フランスの田舎料理をイメージした食事には、有機野菜や三浦港から仕入れた新鮮な魚の料理、そし […]

  • 2014-07-28
  • 2019-08-28

四万十ノタヨリ 毎年恒例の火振り漁スタート!

毎年四万十川で育った天然の鮎を古くから続く伝統的な漁法で取る火振り漁が今年もはじまりました。 火振り漁は日没後、川に網を仕掛け、船の上で松明を振り鮎を網に追い込む豪快な漁法です。 一隻の船に乗る漁師の人数、松明の数などに決まりがあり連綿と伝統が守られ […]

  • 2014-07-12
  • 2019-08-28

四万十ノタヨリ 快水浴場百選のブルーの海”興津”

東西約2kmに及ぶ美しい白浜青松の渚が望める興津。 7月第1日曜日より海開きが毎年行われます。 海水浴場には、年間約4万9千人もの人々が訪れます。 日本全国の快水浴場百選にも選ばれるほど水質が澄んでおり、 美しい白浜はウミガメの産卵場所になっており、 […]

  • 2014-07-07
  • 2019-08-28

四万十ノタヨリ 地元のソウルフード

四万十窪川で40年近く昔からソウルフードとして地元の人々に親しまれている焼き肉・ホルモン “満州軒”。 いつも人で賑わっており、地元に愛されているのがよくわかるお店です。 お店に入ると年季の入った四角形の鉄板で来るお客のお腹を […]

  • 2014-06-25
  • 2019-08-28

四万十ノタヨリ 時間が止まった空間

四万十町の開けたJR窪川駅から車で約1時間、奥地へ進むと一車線の山肌を細い道に次第に切り替わり、さらに進んだところに道の先に下津井はあります。 ダムから続いている川と下津井の住民の民家や老舗の西村旅館、そして橋があります。 時が止まったかのような静か […]

  • 2014-06-20
  • 2019-08-28

四万十ノタヨリはじめました。

四万十に関する情報や何気ない景色や風景、今の四万十を切り取ってタヨリとして載せていきます。 絶景を眺めるように四万十川添いの日野地地区に、旅人を癒す宿として人気の”松葉川温泉”があります。 露天風呂からは、四万十川を目の前に見ることができる絶景風呂で […]

  • 2014-05-29
  • 2019-08-28

今年も「藁焼き鰹のたたき」の販売を開始しました!

〈日戻り漁〉と呼ばれる漁で獲った朝獲りの鰹をすぐ藁焼きにて調理し、その日のうちに発送する四万十ノの「藁焼き鰹のたたき」。都内の料理人さんにもご好評いただいている四万十ノ自慢の鰹のたたきが、1櫛(さく)ずつ、たれ付きのシンプルなセットでご購入いただける […]

>四万十のいいもの。好きなときにおかいもの。

四万十のいいもの。好きなときにおかいもの。

四万十の魅力たっぷり。 生産者のみなさんとともに、ひとつずつ作り上げました。無農薬の生姜を使ったジンジャーシロップや四万十川の水と、四万十町のお米でできた純米大吟醸など。この土地の力が伝わるこだわりのアイテムを取り揃えています。

CTR IMG